特許取得:福島原発でも使われているフィルターを装備した空気清浄機

PM2.5捕集率は99.99%

このページの右側に「発注フォーム」があります。

クレジットカードも選べます。

 

料金の振込先

(他行よりの入金) 

口座/ゆうちょ銀行

店名/ゼロゼロハチ・00八

「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)

店番/008(ゼロゼロハチ)

口座番号/1829676

名義/日暮里放射能測定所にっこり館

 

(ゆうちょ銀行口座同士での入金)

10070-18296761

 

ニッポリホウシャノウソクテイジョニッコリカン

 

お問い合わせは、お問い合わせフォームかメール info@bq-check.jp で。

※問題となっている中国からの汚染物質PM2.5も吸着します。

WACカタログ
WACカタログ
世界初の放射能除去空気清浄機
世界初の放射能除去空気清浄機

WACジュニアを代理店販売、仲介販売していただける方は、お気軽にご連絡ください。

まだまだ宣伝不足ですが、個人をはじめ、病院や託児施設、宿泊施設などの法人にも、

販路は開かれています。ご応募は法人/個人問いません。

販売実績に応じたコミッションを提供いたします。

集金、発送、アフターサービスは当館が代行することも可能です。

全国の原子力発電所含め、放射能関連施設に導入されている本物の製品

<導入実績>

(福島、柏崎、志賀、島根、浜岡の各原子力発電所)

(国立感染症研究所/国立がんセンター/国立循環器病センター/東京医科大病院/長崎医科大病院/

 横浜市大附属病院/千葉県循環器病センター/昭和大学病院/京都大学原子炉実験所 他)

 

これまで高性能を謳っていたHEPAフィルターは0.3μm、ULPAでも0.1μmレベルでの除去ですが、

東京大学、東洋紡(株)と共同開発し、特許(第4549388号)を取得したWACフィルター

0.001μmまで除去が可能です。さらに化学的吸着により、ガス状ヨウ素であっても吸着します。

これによりHEPAでは7割しか除去できないセシウムを99%以上捕集・除去することが可能です。

現在、ナノレベルのガス状放射性物質まで吸着除去できる家庭用空気清浄機はこれだけです。

ヨウ素・セシウム137・ストロンチウム90他 99.43%以上の捕集効率を実証※

※日本には放射性物質除去用活性炭の性能規格がなく、米国の「原子力グレード活性炭の試験方法」

(日本でいうJIS規格に類するものです)におけるASTM(アステム) D-3803基準により試験実施。

HEPAフィルターの300倍細かなフィルターが設置場所をシェルター化して大切な家族を守ります。

 

2011年3月11日 福島第一原発事故後の経緯

①事故発生3日後、東京電力から「在庫全量を供給して欲しい。」との連絡が入る。

②福島第一原発施設内のアララベンチ原子力施設用移動型局所排気装置)に装着。

③5月8日、稼働を続けることで構内の放射能汚染レベルが低下し、作業員が入れるようになる。

④続いて「免震重要棟前休憩所」「旧緊急対策室休憩所」にも設置され、初めて室内でマスクを

 外して作業員が休憩できるようになる。

⑤2012.3.16、福島市での実地試験(一般家庭にて)を行う。

 結果

 HEPAフィルターにはCs134が72.6%、Cs137が73.7%の捕集に留まり、

 残り26%~がWACフィルターに捕集されることが判明した。

 

なおCs134、Cs137は空気中に0.2-0.3 μmと0.5-0.7 μmに極大値を持つ二峰性の特徴的な分布を示しているという研究結果が発表されました。つまりHEPAフィルターでは完全な除去は不可能ということです。

(ソース)

風に乗って長い距離を運ばれる放射性セシウムの存在形態

独立行政法人産業技術総合研究所
独立行政法人産業技術総合研究所

2011年4月28日~5月12日に捕集した大気エアロゾルに含まれる137Csや134Csの放射線量を測定し、これらの粒子の粒径分布を測定した。

ご購入者レビュー

<最新レビュー>

2014年4月購入

花粉の季節を迎え、2台目の空気清浄機を検討していましたが、いろいろ悩んだ末に
この商品に決めました。
 
決め手は、希ガスも捕集できるというフィルターです。
フクイチからは、毎時1000万ベクレルの放射性物質だけでなく、毎時25億ベクレルという
とんでもない量の希ガスも放出しているとの情報もあり、危険を少しでも回避したいと思いました。
 
 
食品の産地選びや掃除はもちろん丁寧に行っても、我が家の掃除機パックからは数百ベクレルの
セシウムが出たので、空気中に漂う放射性物質も今 まで以上に怖く感じていたことも事実です。
 
 
この空気清浄機は、思っていたよりも奥行きが少なく、軽くて驚きました。
多少、音がしますが、個人的には慣れてしまえば問題ないと思います。
お値段は張りますが、やはり、安心には代えられないなぁと感じています。

 

***********************************************************

 

<2012.11月購入>

食べ物からの被ばくもさることながら、呼吸による被ばくを心配して購入しました。セシウムの場合、経口より吸気による実効線量のほうが高いと聞いたからです。我が家は全館空調を採用しており、外気取り込みフィルターと室内換気のフィルターは毎月洗浄が必要なのですが、フィルターは一か月で真っ黒になります。いかに室内外の大気が汚れているかがわかります(出来ることなら皆さんにお見せしたいです)3.11以降は、その汚れのなかに放射性物質が含まれていてもおかしくない、東日本はそういった環境下にあると考えています。

 

WACジュニアは、コンパクトで通常の空気清浄器と見た目は変わりませんので、室内に置いても何の違和感もありません。また、フィルターのスペアを用意しておきたいです。もし万が一の場合、今度は東日本から脱出することは難しいかもしれません。自宅退避せざるを得なくなったケースを考えると、希ガスもキャッチするフィルターを備えたものは必須アイテムだと思います。

 

<2012.11月購入>

東京23区内在住ですが、事故後から一年半以上たち家の中の線量が微妙に上がっています。普通の掃除をしていたのでは追い付かない状況で、いまだに(というか今後もずっと?)放射性微粒子が服や髪の毛や買い物や宅配の段ボールなどに付着して、家の中に持ち込まれているのだろうなと実感しています。
土やコンクリに固着した放射性物質はさほど怖くないし、安全な産地の食べ物や飲料水を求めるのは、東京ではさほどむずかしくありません。しかし選べないのが空気で、吸気による内部被ばくだけは誰もが避けられません。それが最もコワイことなのですが、その危険と共存してる日常です。
空気清浄器はすでにいくつか利用していますが、各部屋に必要です。今回は息子の部屋用に「WACジュニア」を買いました。コンパクトで軽いので、どんな部屋にも置けると思います。
普通の空気清浄機についているHEPAフィルターでは0.3μmの粒子までキャッチするそうですが、「WACジュニア」は、HEPAフィルターに加えてこの会社独自の活性炭繊維フィルター(WAC)もついて、二つが一体になっています。この活性炭繊維フィルターは原発施設内で用いられるものと同じだとのことで、これによってさらに細かい粒子と放射性ヨウ素などの希ガスまでキャッチできるということです。今はもうヨウ素の心配はないですが、さらに細かい粒子まで捉えられるということなので、わらにもすがる思いで期待しています。
フィルターは1年で交換とのことですが、様子を見て1年経つ前でも交換しようとは思っています。(なお一般の空気清浄器ではHEPAフィルター交換は10年後と謳ってますが、東京で使用していて、それは考えられません。やはり1年、もしくは半年くらいが限度ではないでしょうか。)
願わくば、もうちょっと安価であれば、複数台使いたいです。なお、フロントカバーの裏に放射線を遮断する遮蔽版がついていますが、空気清浄器がキャッチした放射性物質の空間線量による被曝の心配は、東京で使っている限りは、あまり必要ないかなと思いました。

 

<2012.11月購入>

先月購入し、リビングや子供の寝室、玄関など気になる部屋を移動させつつ毎日使用し、約1か月が経ちました。
ずっと忘れていた、プレフィルターの掃除をするためにカバーを開けました。プレフィルターにはそれほどホコリは溜まっていませんでした。
そして気になる本フィルターの線量を、簡易的ではありますが、RADOSのRDS80という表面汚染測定器で測ってみました。
みるみる数値が上がり、最高では0.233bq/cm2 という数値が出ました。この数値を土壌汚染に使われる単位に直してみると、1万倍の2,330bq/m2 ということになるかと思います。1か月間かかって溜まった結果の数値ですが、ショッキングな値です。今まで使っていなかったことを大変後悔しています。この1年半以上ずっと、自宅内でもこんな量の放射性物質を吸っていたかと思うと、ゾッとします。やはりこの空気清浄機を買ってよかった!!と心から思いました。ありがとうございました。

 

<2012.11月購入>

「さっそく空気清浄機が届きました。まず、大きさ、奥行きが思っていたより小さいので置きやすいです。小さい子がいるので、放射能物質除去機能がついていることが、何より嬉しいです。」
 
<2012.11月購入>
我が家では、シャープのHEPAフィルター加湿機能付き空気清浄機、加湿器、そしてこのwacフィルター空気清浄機を併用して部屋の中の放射能安全地帯を作っています。この空気清浄機はシャープに比べ、とても小さく場所をとりません。音も静かです。また持ち運びも楽なので、部屋を移動して使っています。
HEPAフィルターでは放射能の除去率は3分の2くらいらしいので。完璧にとり除きたければ今のところこの機種しかありませんね。音も静かです。離れて暮らす息子用にもう1台、検討中です。

 

<2013.1月購入>

まだ1日なので、劇的な変化は感じませんが、気持ちが違います^ ^
大阪はまだ関東に比べてマシかとは思いながらも、下が1歳になったばかりの双子で、上にも娘がいるので、なかなか掃除も角まで行き渡らず、それでも下を這ったり、私より低い所で毎日過ごす子ども達が気になってしかたありませんでした。
来月から始まる瓦礫焼却。学校に通う娘も、せめて家だけは安全な空間にしてあげたかったので、これで少し気持ちが楽になります。
毎日追われながらずっと気になることばかりですが、少しずつできる事から頑張って行こうと思います。

 

(イオンも出ます)

ウイルスや細菌を不活性化させるマイナスイオン発生機能もついています。

(瓦礫問題対策)

アスベストや汚染微粒子PM2.5、花粉についても吸着性能があります。

WACジュニアのメンテナンスはどうするの?

フィルター掃除はプレフィルターのみ行って下さい。付属の手袋もしくはご家庭にあるゴム手袋等を使用して、1週間に一度、前面パネルを開けて掃除機のノズルでプレフィルターに付着している埃を吸い取ります。埃の量が少ない時は場合は1ヶ月に一度を目安に掃除して下さい。掃除機で取れない埃(汚れ)は、水洗いして下さい。プレフィルターは手前に引くと外れます。四隅の留め具にはめ込み、しっかり固定して下さい。掃除機にて吸い取る際は、プレフィルターの網を破損させないよう御注意下さい。
HEPA&WACフィルターユニットは1年ごとに交換してください。その間、掃除等のメンテナンスは不要です。

メーカー「ワカイダエンジニアリング」より

WACジュニアの役割は、空気中に浮遊する塵挨と放射性物質を一緒に呼吸する事によって、

体内に取り込み内部被ばくを発生させることを防止する事にあります。

WACジュニアを稼働させると2・3時間で、空気中の放射性物質は徐々に浄化され、

室内の空気は安全なものになります。
東電福島の原発事故現場で作業から帰ってきた作業員達が、重要免震棟や休憩室で、

安心してマスクを外し深呼吸・リラックスが出来たのもWACジュニアの開発の基となった

アララベンチが機能したからに他なりません。

もちろん現在も現地で稼働して作業員の安全の確保に寄与しております。
4号機は予断を許さないなどの報道がありますが、こればかりは予測がつきません。

大阪のお客様は予防保全的に購入を決められました。

大袈裟に云えば家の中に小さなシェルターを設置したようなものと云えます。


お陰様で徐々に反響の広がりを感じております。

 

今後とも何卒よろしくお付き合いをお願い申し上げます。

新聞記事、特許証
WACジュニア 新聞記事、特許証
WACジュニア(放射性物質除去空気清浄機)
WACジュニア(放射性物質除去空気清浄機)

空気清浄機ご注文ページ

特許フィルターは福島を始めとする全国の原子力発電所で実際に使用されています。HEPAフィルターの300倍の性能を有する世界で唯一の家庭用(もちろん放射能測定所やオフィス、学校、病院等にも最適です)放射能除去空気清浄機です。他に競合する商品は存在しません。なおメーカー在庫完売が近づいております。ご注文はお早めに。

2014年

2月

06日

雑文

続きを読む
子ども全国ネット
子ども全国ネット