巡る想い。2/5

僕はね、放射能なんか測るために生まれてきたわけじゃないんだよ。

世界の一体誰が子供の頃の夢の文集に、

「将来の夢は原発事故で出た放射能を測る仕事に就きたいです!」

って書くんだい!?

 

************************************************

 

「天職」という言葉があります。よく意味は知らない。

この仕事は天が僕に与え給うた任務なのだろうかと、深夜幾度も考えた。

しかし最初に言えることは、「こんな施設は一刻も早く無くなって欲しい。」

誰もが放射能に怯えて暮らし、日々の食事を楽しめず、

隣近所や夫婦間ですら意見がぶつかり、笑顔が涙や怒りに変わる社会。

311で亡くされた数え切れない命は取り戻せないけど、

だからこそこの社会を変えなくてはいけない。

地震大国日本の備えは本当に充分か?想定外と言えば免責か?

地面を草を川を空を海を湖をためらうことなく触りたい。

原始の記憶は悠久の時を経てなお、この胸に焼き付いているはず。

取り戻せるものだってあるよね?きっとあるよね?

2014年

2月

06日

雑文

続きを読む
子ども全国ネット
子ども全国ネット