【東京都荒川区に自生している夏みかんを測定】

 

 

匿名希望さんから、近所の夏みかんが持ち込まれた

のでさっそく測定してみました。

 

 

 

 

   さっそく加工し測定へ。

このような結果に。

※これは中の実(薄皮付き)だけをつぶして作った検体です。

なので今度は外皮も入れて比較実験をします。

※本当は外皮だけで測りたかったところです。

        約1/3を入れ替えます。
        約1/3を入れ替えます。
   ざっくり倍程度になりました。
   ざっくり倍程度になりました。

 

 予想はしていましたが、やはり数値は上昇。

今回の検体は流通品ではなく自生しているもののようです。

とはいえこれまで誰も計測はしていませんので、

知らずに口に入っている可能性はあります。

この数値は政府・御用学者の言う「直ちに影響がない数字です。」

でもそれでいいのなら、こんなに全国各地に市民測定所が存在する

理由も必要性もありません。しかし、

"私たちには知る権利があり、知ったうえで行動する自由があります。"

今まさに進行中の海洋汚染が世界最悪の事態を招く可能性はゼロではありません。

1周年のTV特番で何かが終わったわけではありません。

首相の朗読で何かが変わったわけではありません。

一つ一つの行動と連帯の積み重ねが日本という国を造りもし、

破壊、破滅にすら導くのです。これは大げさではありませんよね?

”もんじゅ”が、"六ヶ所村"が、地震や戦争で壊れたら終わりです。

2014年

2月

06日

雑文

続きを読む
子ども全国ネット
子ども全国ネット