遺伝子組み換え作物の問題。

放射能汚染問題を機に考えてほしいのです。

殺虫剤入りの穀物があります。

それを作っているのはベトナム戦争で深刻な被害を生み続けている、枯葉剤を作った会社。

北極・南極にまで拡散した有毒物質PCBを作った会社。

それは人が直接食べる以外にも、家畜の飼料として使われて日本に輸入されています。

アメリカ産、メキシコ産、ブラジル産、国産肉が放射能で危険とお考えなら、

この問題にも関心を持たなければ子供は守れないということを、お伝えするために書きました。

飼料だけでなく、遺伝子組み換えを行った「成長促進剤」も使われています。

「私たちはすでに食べています。」

にっこり館の事業領域ではなく、何も得するわけではありませんが、

放射能問題にかけるエネルギーをこちらにも向けておかないと、新たな問題が確実に起きます。

私たちの選んだ資本主義の行き着いた先にあったのは、、、、崖でした。

マルクスを読もうなんて話じゃないですよ、念のため。。。

2014年

2月

06日

雑文

続きを読む
子ども全国ネット
子ども全国ネット