外干しタオルからセシウムは検出できるか?

 

 

 

 

 

 

 

元々はこの記事が始まり。

 

外干し洗濯物の安全性確認 日本放射線安全管理学会

(朝日新聞2011年11月17日)

 

数時間干して最大2.3ベクレルの放射性セシウムが検出されたのならば、

もっと干したらシンチでも検出できるんじゃないか?

ならば瓦礫焼却前後での比較もできるんじゃないか?

もちろん専門家からは笑われるでしょう。そんなことは百も承知です。

でも、

僕たちは僕たちに持てる武器しか持てないのです。

 

そして動き出されたのがこちらの方々

足立瓦礫問題を考える会

プロジェクト概要がこちら

タオルプロジェクトに参加してください!

 

そして、その試みを見た @kenken_nagai さんが、

「自分の地域でも焼却が始まるので、トライしてみたい。」と当館にメンション。

「私でよければやりましょう。」と意気投合して2週間の試験が始まりました。

ケンケンさんは世田谷で、私は柏で。それぞれ同じ100円SHOPで買ったタオルを

濡らさずそのままベランダに干しました。(1800ccマリネリにちょうど収まる

4枚を使用)※ケンケンさんの友人も同時スタート。>検体到着待ち

 

5/28~6/10(世田谷での瓦礫焼却開始前日)までを1クールとして実行。

6/11(焼却開始日)~6/24までを第2クールとして現在実行中。

 

そしてまずは第1クールの検体検査に入った次第です。

(検査結果)

使用機器 EMF211 NaIシンチレーション測定機

使用容器 1800ccマリネリ容器 

検体重量 約305g(降雨日も干した為、湿気を含んでいます。)

測定時間 2時間(7200秒)

減算用BGデータ(空のマリネリで12時間計測したものを使用)

 

と、一度データアップいたしましたが、専門家の方に貴重なアドバイスをいただき、

再度検証する必要性が出たため、明日以降再度検証してみたいと思います。

確かにいくつか思い当たる点がありました。

 

再計測した結果の一部をご紹介します。現在も検証は継続しています。

Cs137が10.8Bq/kg

Cs134が4.8Bq/kg となりました。

柏は第1クール不検出でしたので、第2クールで再検証します。

 


タオルプロジェクト使用タオル検体

空気清浄機ご注文ページ

特許フィルターは福島を始めとする全国の原子力発電所で実際に使用されています。HEPAフィルターの300倍の性能を有する世界で唯一の家庭用(もちろん放射能測定所やオフィス、学校、病院等にも最適です)放射能除去空気清浄機です。他に競合する商品は存在しません。なおメーカー在庫完売が近づいております。ご注文はお早めに。

2014年

2月

06日

雑文

続きを読む
子ども全国ネット
子ども全国ネット