公園に生えたキノコを測る。(千葉県柏市手賀沼付近)

        なんという種類なのかなぁ?
        なんという種類なのかなぁ?

いよいよ梅雨も明け、2012年の夏がやってきました。

今自分が使っている電気は脱原発電気ですが、政府は反対の声など

聞く耳を持たずに全国の原発の再稼働に躍起です。

よほどのおいしい汁があるのでしょう。「総理、肥えてるね。」

さて、せっかくの休日なので2歳の子供を連れて夕方涼しくなってから

公園に出かけました。長居はしません。リスクとベネフィットを重視。

さっさと遊ばせたあと帰り道で、ニョキっと生えたキノコをめっけ。

「こんなん小さな子がおもちゃにしたら大変だ!」と引っこ抜いて、

にっこり館にて計測しました。

 

言うまでもないですが、セシウムがたっぷりと出ました。

Cs137・・・891.7

Cs134・・・551.7

合計・・・・1443Bq/kgです。

ツイッターメンションでいただいた言葉をお借りします。

「あの事件は、ただのキノコを毒キノコに変えてしまった。」

 

我が子が成人する未来ですら、500Bq/kg程度にしかならない・・・。

まるでこっから福島原発までスカイツリーくらいの距離かのようだ。

 

福島は遠くない。いつも考えている。

震災は遠い日の出来事じゃない。常に考えている。

 

ps.生えていた土壌をサンプリングして計測しました。

 

2014年

2月

06日

雑文

続きを読む
子ども全国ネット
子ども全国ネット