地面に近いほど高まる大気汚染度…乳幼児は「地接環境」に要注意

part one

 

CLICK!<記事リンク>

 

>地表から人間の生活環境である高度2メートルまでを「地接環境」と定義し、

この範囲における大気汚染度(粒子濃度)を測定。結果、高度が低くなればなるほど、

大気汚染度が高くなるということが明らかになった。

 

>厚生労働省の統計によれば、1986年に0.64%だった乳幼児の喘息有疾率は

2007年には2.3%まで上昇しており、その原因の一つとして大気汚染が挙げられている。

 

>ディーゼルガスを含む0.3マイクロメートル以下の大気汚染粒子の濃度が高い場所では

地表に近いところに子どもを長時間置かない方が安全だとして、「なるべく乳幼児が粒子

(煤塵)を吸い込まないような工夫を親がしてあげることが大切です」とコメントしている。

 

***************************************************************

この記事は3.11後に書かれたものですが、今関東以北の地域では「放射性物質」が付着した

目に見えない小さな埃を赤ちゃん、子供が吸わないような配慮が必要だと感じます。

もちろん100%は無理ですが、無自覚・無知識のまま放置するのは避けたい。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

part two

 

(資料)宮崎県の荒茶検査結果

 

上記リンクから福島由来のセシウムは九州にも到達していることが分かる。

しかも事故以前にもCs137が検出されていることから、チェルノブイリ由来、

もしくは中国等の大気圏核実験の残骸とも推測されます。

空気清浄機ご注文ページ

特許フィルターは福島を始めとする全国の原子力発電所で実際に使用されています。HEPAフィルターの300倍の性能を有する世界で唯一の家庭用(もちろん放射能測定所やオフィス、学校、病院等にも最適です)放射能除去空気清浄機です。他に競合する商品は存在しません。なおメーカー在庫完売が近づいております。ご注文はお早めに。

2014年

2月

06日

雑文

続きを読む
子ども全国ネット
子ども全国ネット